バイク乗り見習いの教習所日記。卒業したけどまだまだみならい! XT250X始めました。よろしくお願いします♪
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年04月12日 (火) | Edit |
【3・4時間目】

今日も15度と暖かい気温の中、いざ出陣♪

いきなりシュシュ落としてどっかいった・・・
なんて幸先の悪い><
さらにですね、前日にバスの予約するのを忘れてしまって
駅から徒歩で20分(トホホ


余裕を持って教習所に着いたので
プロテクター着けてから、イメトレ
昨夜+行きの電車の中で教本を読んだので
復習はバッチリ。

しかし早くくると待ち時間落ち着かないねー( ̄ー ̄;

女性の生徒さんが2人もいる!と思ったら
シミュレーターの教習のよう。バイクは乗らないのか、残念w



集合かかって準備運動して
メットとグローブつけて・・・いよいよ教習開始(`・ω・´)

教官1「はい、じゃあみりさんはそこのバイクに乗ろうか」(←実際は苗字で呼ばれてるよ)

指差された先は最後尾。ヤッタ!!!ヽ(^◇^*)/
・・・ちょっとボロボロなこのバイク
見覚えあると思ったら前回教習で使ったのと同じバイクでした(。ロ。)

これってニュートラル入らないやつやん(-ω-)←バイクのせいにする


なんと今回はマンツーマンレッスンでした

教1「じゃあこの時間は、まずは『前回のおさらい』
   あと『速度の調整とブレーキ操作』を練習しましょう」
みり「はい!」
   「半クラの感じをもう一度掴みたいのと、発進と停止がフラフラでヤバイです」

思い返すとヤバイのは私の日本語なんだが、この発言をしたのが大正解!
丁寧~に丁寧~に何度もおさらいさせてくれました(oゝω・o)b

少し前に動き出すとこが半クラ。
発進時のアクセル、回転数はメーターよりも音で覚える
前をみて←たくさん言われた
前回反省した&さっき復習した半クラを3秒保つ




ブロロロロロ・・・・


なんとスムーズな発進゜+.(o´∀`o)゜+.゜
落ち着いてやればできるやん私ー!

教1「じゃ、そのまま着いてきてねー。
   私と同じタイミングでシフトチェンジや指示器を出しましょう」
みり「はい!(*´∀`)」

んで教習所内をクルクル。


ここで、今回の教習と前回の教習の違うところに気がつく
それは・・・・・・・・

信 号 が 点 い て い る (lll゚Д゚)ヒイィィィ!!

ってことはですよあなた
苦手な停車&発進を何度も繰り返すわけで
信号変わったらすぐに発進しなきゃいけないわけで・・・


フォォォォ


ってなる心を抑えて頑張りました。
さらに教官、何もないところで止まってくれたりしてもぅ(ノω`)
(自分が発進停止フラフラって言ったんだった・・・)

あとね、前回苦労した、[出した指示器の戻し方]
どうやら指示器のボタンをポチっと押せば、戻ってくれるみたい!

超楽~♪
と思ったのもつかの間
なんかね、クラクションが聞こえるんですわ。
おー、何度も鳴らしてるなー
なんて思ってたら


あれ、自分のバイクから音出てるよ?/(^o^)\


指示器のボタンと間違って、すぐ下のクラクションを鳴らしまくる私
何回も、何回も・・・・・・・

。・゚・(ノД`)・゚・。ばか

その後も教習1時間で何度鳴らしたことやら!
これでクラクションの練習はバッチリだぜ(ヤケ



どうにかスムーズに運転できるようになってきたところで、
教官が教習所のすみっこに停まる。
私もすみっこに寄せて停まったその瞬間




ガシャーーーーーン!!!!

みり「うああああああ!!!」


こけましたwwwwwww初wwwwwwwwwwwwwww


みり「すすすすみませんっ!」
教1「大丈夫大丈夫。ハンドルが斜めになってたのが原因だね」

んとね、ブレーキかけて停車して足付いて
ハンドルが斜めになってたんでバランスとれず、右に傾くバイク
両足はすでに付いてるものの、私の力では止めることができず・・・

なんかオイルみたいなん漏れちゃってるよ・・・
ごめんねバイクさん・・・(´;ω;`)ウッ

ランプが点かなくなってしまい、他のバイクに変更orz

しかしこのバイクに跨ってビックリ。
同じ車種なのに、アクセルもクラッチもギアも全然違う!!!(ブレーキは分からん)
ニュートラルも簡単に入るようになりました(´▽`) ホッ
というか意図せんとこで入ってしまうので、最初戸惑ったw



気を取り直・・・せない中、次は『急制動』の練習
直線で時速30㌔くらいまで出して
指定されたエリア内でブレーキをかけて一気に止まる

これ実は、一番苦手だろうなーと思ってた項目なんですわ・・・


最初は教官の後ろに乗って見学。
30㌔だけどすごく早い
ブレーキかけて止まるまでもすごく早い

みり「私上手くできる気がしません」(さっきコケた為弱気)
教1「最初は速度足りなくても、停止位置オーバーしてもいいからね」

・・・すごぃ優しい教官( T▽T)
停止位置オーバーしてフェンスに突っ込む想像しながらバイクに乗る


指定された待機場所へ
そこにはトランシーバーがΣ

トラ「では開始してください」

なるほど、急制動は他の人が周りにいたら危ないから
こうやって合図をくれるわけね☆

んまぁ、開始してくれって言われてすぐ発進できるわけもなく
その間に何台か抜かれたけど(そろそろ自分が不憫になってきた)

トラ「今行こうかー」

なんとか発進して、3速まで上げて
時速30㌔くらいにして


!!!!!!!ストーーーーップ!!!!!!!


お、お、お?
止まれた・・・・?
エンストもしてない・・・?

教1「出来たねー。今時速40㌔は出てたねー」

おい私Σ┗|゚д゚* |
でも止まれてよかった

教1「停止するときは1速に戻さなくてもいいよ」
みり「はいっ」
教1「次は停車線ぴったりを狙ってみよう」


2ndチャレンジ。
今度はメーター見て、30㌔にする
指定エリアでブレーキをかけて、きれいに停車

やった!

教1「1速に戻すのクセになっちゃってるんだねw」
みり「あ、あれ、戻ってますね」

いつのまにかローに入ってる。はて。
その後も自分で検証を重ねたが
停車するときにどーしてもシフトダウンしちゃうみたい
前回シフトダウン出来なかったからイメトレしすぎたんかな・・・
変なのwww(今は笑って済ませておく)

不安に思ってた急制動は、クリアしました(`・ω・´)


そこで1時間目終了♪

(後編へ続く)
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。